アクセントに柄物を取り入れるとカジュアルスーツは決まる

   

カジュアルスーツとは、ジャケットとパンツのスタイルが一般的です。オン、オフ問わずにくだけたスタイルで、着る人の個性を提示できるファッションであるともいえます。コーディネイトによっては、おしゃれな要素満載なビジネススタイルともいえるでしょう。ビジネスシーンでは敬遠されやすい柄物のシャツでも違和感がありません。その場合はシャツでカジュアル感を出して、スーツでフォーマル感を出すことでおしゃれ感が高まります。
もしTPOとして可能であれば、ジャケットに柄物を取り入れてみてもいいでしょう。その場合は単色のネクタイをきっちりして、パンツも同様に単色にして引き締めたほうがいいです。個性的でありながら、洗練されたイメージにすることでカジュアルでありながらおしゃれ感をアップすることができるのです。

小物を生かしたコーディネイトで差をつける

ビジネスシーンで着用する一般的なスーツはダークな色合いのものが多くなりますが、カジュアルスーツを着用するなら淡い色合いのものにすることで断然おしゃれにうつります。そして、ジャケットを淡い色にした時はチーフにポイントをもっていくことでおしゃれ度がアップします。爽やかな色合いのジャケットの胸元に落ち着いた色合いのチーフをさすことで視線がチーフにいき、同系色のパンツをはけば視線がばらけやすく、さらに均整がとれたスタイルになります。
ネクタイをジャケットとパンツの色を取り入れた柄のものにすれば全身のトータルコーディネートが際立ちます。どこかに固執したスタイルではなくトータルイメージを重視したスタイルは、着用する人が幅広くコーディネイト力がある人であると感じさせることができるのです。

生地や色合いで遊ぶことでおしゃれに

スーツの王道はセットアップの同素材で同じ柄ですが、カジュアルススーツであればさまざまな種類の素材や生地、柄ものにチャレンジすることでおしゃれな装いになります。例えば、きっちりしたテーラードジャケットに派手な柄のグレンチェックのパンツ、ボトムスにポケットのないチノパンをあわせ、フォーマルでも通用するジャケットにニットで編まれたネクタイなど、TPOで遊ぶことができるのもカジュアルスーツの醍醐味です。
チノパンに無地のジャケット、そして柄物のベストを合わせだけですっきりしたイメージになります。ベストはパンツとは違う色にして、ベストとパンツの中間色をメインとした色合いのものをベースとした柄のネクタイをしめれば個性的なコーディネイトになります。色や柄で遊ぶことでおしゃれになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事