季節に合わせたベストでカジュアルスーツの印象を変える

   

シンプルなスーツで会社などに勤めている人もいますが、ファッション業界の人や結婚式などに呼ばれたときにカジュアルスーツを着こなしている人はとてもお洒落な印象を与えます。さらにベストなどちょっとしたアイテムをプラスすることで、上級者のような印象を演出することができるのです。
ベストを合わせるメリットとして、上着を脱いでしまってもきちんと感を出すことができます。ほかにも、ジャケットとシャツの間に着るので寒い日の防寒機能としても役に立ち体温調節をしやすくなります。濃い色のベストを着ることで、お腹周りが引き締まってみえ、選択する色によってスタイルアップをはかることができます。ジャケットと同じ色を合わせることで、縦のラインが強調されるのでスラッと見え背の低い人にはおすすめの着方です。

カジュアルスーツとはそもそもどんなものなのか

きっちりしたスーツよりもカジュアルなスタイルで着こなすスーツのことをいいます。きっちりとしたスーツに比べて、色彩が多用でさまざまな生地のジャケットやパンツを合わせることができるので、着こなしによってその人の人柄やセンスを見ることができます。しかし、上手な着こなしができなければTPOに合わず、常識のない人と捉えられてしまうので気をつけなければなりません。世界でも着られているスーツなので、雑誌などであらかじめ勉強をしておく必要があります。
ジャケットとパンツのスタイルは王道で失敗がありません。このスタイルは、色彩も多用にあるので色味で遊ぶことができます。ほかにも足もとをスニーカーにするスタイルもあり大胆にはずしているスタイルが、最近流行ってきています。

着こなす上で大切なポイントを抑える

色彩豊かでスタイルがよく見えるお洒落なカジュアルスーツですが、上手に着こなせないとかっこ悪く、だらしなく見えたりしてしまいます。そこで着こなす上で重要なポイントを抑えておくと良いです。
まず色について学んで、明るいジャケットには落ち着いた色を合わせたりします。外したり遊び入れたい人には柄物などのシャツを合わせることがおすすめです。ここで重要なのが、上品に見せるためにジャケットなどはフォーマルで抑えます。全身黒色で揃えるのもテクニックとしてあります。そこではシャツではなくて、あえてカットソーであわせることで抜け感を演出することができるのです。
着ていく場所によるのですが、派手な柄のジャケットをシンプルな格好に合わせることも個性的で、洗練されたスタイルを表現することができておすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事