暗めのカジュアルスーツなら明るめの小物を取り入れよう

   

ウォームビズやクールビズで人気が上がってきたカジュアルスーツには様々なものがあります。ビジネススーツでは上下同じ素材を使用した物が普通になりますが、カジュアルと言われているものは上下の色が揃っていても素材が違っていて、上下全く別の色合いや素材を組み合わせたものなどがあります。
パンツにはスラックスやチノパンツなどは人気があります。色合いも様々です。明るいスーツであれば特に問題はないですが暗めのスーツを選んだ場合には、ビジネスな雰囲気にならないように明るめの小物を取り入れることでカジュアルにおしゃれな着こなしができます。明るい色合いのネクタイピン、ポケットにチーフを入れてみたり中に着るシャツや合わせるネクタイを少し派手な物にしたり、またベストなどでもカジュアルさを出すことができます。

カジュアルスーツの中に合わせるネクタイやシャツ

カジュアルスーツをおしゃれに着こなすポイントとして一番取り入れやすいのがネクタイやシャツです。ネクタイはあまりカチッとしたものを着けてしまうとビジネススーツとあまり変わらなくなってしまいますし、カジュアルなスタイルの中にそういったネクタイを取り入れてしまうとアンバランスになってしまいます。
カジュアルに着こなすためにつけるネクタイとしては色や柄が大胆な物を選ぶと良いです。また素材などで季節感を出し、まだカジュアルな着こなしに慣れていない人はスーツと同系色のネクタイを選ぶと失敗が無いです。
またノーネクタイという手もあります。ノーネクタイをする場合は中に着るシャツが重要になります。通常のワイシャツなどを着てしまうとノーネクタイだと貧相に見えてしまいます。ノーネクタイにするなら中に着るシャツをポロシャツにしてみたりボタンの色が違う物を選んだりすると良いです。

暗めのスーツに合うカジュアルな小物

暗めのスーツを選んだ場合、明るい色合いや派手な柄の小物を選ぶ事でよりカジュアルさを引き出すことができます。ポケットチーフはアクセントにとても良いです。暗めのスーツでも柄で色合いが明るいポケットチーフが胸元にあるだけでおしゃれに見えますし、よりカジュアルさが増します。暗い色合いのスーツは印象がぼやっとしてしまいます。ワンポイント明るい小物があるだけで全体が引き締まって見えます。
カジュアルに着こなすなら柄は小さいものではなく大きさのある柄を選ぶと良いです。バッグでもカジュアルさを引き出すことがでます。一般的にビジネスマンが持つようなシンプルで無地のバッグではなくレザー素材の物やストライプなどの柄が入った物などがいいでしょう。ベルトは靴と色を合わせることによりカジュアルさはもちろんのことおしゃれなポイントとしても高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事