カジュアルスーツは自分のサイズに会ったものを選ぶ

   

近年おしゃれな男性の間で人気が高まっているスーツがカジュアルスーツです。フォーマルスーツやビジネススーツよりもカジュアル寄りのスーツスタイルであるカジュアルスーツは、デザインや素材の幅が広い分、より自由度の高いコーディネートを可能にしてくれます。
スーツを上手く着こなすにはいくつかポイントがあります。その一つがサイズ感です。スーツはジャストサイズが大原則ですが、体に合わないスーツはスタイルを悪く見せ、冴えない印象を与えてしまいます。袖や丈が無駄に余らないよう体に馴染むものを選ぶと、それだけでスマートさがアップします。
動きづらさが気になるという方には、ストレッチ素材のスーツがおすすめです。カジュアルスタイルはコットンやスウェット、ジャージ生地など、柔らかい素材のスーツも多く展開されています。着心地とスタイリッシュさを両立できるのがカジュアルスタイルの良いところです。

カジュアルスタイルの基本デザインとコーディネート

カジュアルスーツのイメージとしては、少し高級なレストランやホテルを利用する際の格好になります。デザイン的には肩パッドを排したものが多く、ビジネススーツよりラフに着こなすことができます。フォーマルやビジネスのカッチリとした印象に比べてくだけた表情になるため、こなれた雰囲気を演出することができます。色柄のあるシャツでコーディネートすることも可能で、型に嵌らない着こなしを楽しめます。その分、着る人のセンスも問われることになるスタイルです。
そんな時に便利になるのがタイやチーフなどのアイテムです。フォーマルスタイルに比べて統一感がなくなりがちなカジュアルスタイルも、小物の色や柄を合わせることでまとまりが出ます。また、ネクタイをスカーフに変えて襟元の表情を変えてみてもおしゃれです。色や柄が豊富なのがカジュアルスタイルの特徴なので、季節に合わせた雰囲気のジャケットやシャツを選ぶのも重要なポイントです。

季節に合わせて違う表情を演出するカジュアルスタイル

季節感のあるカジュアルスタイルはどう作ればいいのでしょう。まず暖かい春や夏は、綿や麻などのさらりとした素材が好まれます。色合いは明るいパステルカラーや青、緑など、涼しげな印象を与えるものがおすすめです。ポロシャツやスニーカーを外しのアイテムとして活用する上級テクニックもありますが、あまりにもカジュアルに寄り過ぎてしまわないよう、TPOを見極める慧眼が必要です。
寒い秋や冬には、ウールやツイード、フランネルなどが活躍します。カラーは黒やグレー、ネイビー、ブラウンなど渋い色合いが多くなりますが、ずんぐりした印象になってしまう場合は、ジャケットの柄で工夫してみましょう。冬の大定番チェックから、スマートな印象のストライプ、遊び心ある千鳥格子など、アウターに表情を付けることで洗練された雰囲気になります。ネクタイの色や柄で変化を付けるのもおすすめです。

商品到着後3日以内であれば、返品・交換を受け付けます。 レディシルエットを基本に、エレガンスをコンセプトとしたデザインに仕上げています。 返品・交換をご希望の場合、その際の送料はお客様負担となります。 パーティーはもちろん、普段使いもできる着回し抜群のアイテムが多数ラインナップ。 送料は、全国一律540円。なお、沖縄・離島は除きます。 様々なシーンに役立つ「カジュアルスーツ」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事


Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.